日本ビジネスにおける名刺について

日本では仕事の関係で人と初対面する時、必ず名刺交換をします。
これは日本社会のルールとなっており、ビジネス上で名刺が果たす役割は昔から重要なものとなっています。
現在、その名刺も様々な形式をとるようになっています。
例えば縦型・横型のみならず、自分を示す格言やマーク・写真を入れる方も増えています。
すなわち、ただ名前・会社名・肩書きを並べるものではなく、自分仕様にカスタマイズをする方が増えています。
初対面でより印象に残るように工夫しているのです。
一方で交換した後の整理は、昔からサラリーマンの厄介な課題でもあります。
ファイルに順番やカテゴリー別に整理するのはもちろんですが、マメに整えていないといつ交換したのかわからなくなってしまいます。
そこで最近は、専用のスキャナが販売されており、電子データで取り込んで保存する方が増えています。
これで日付も登録されますし、誤ってなくすということもありません。
このように名刺の形式や保存方法は進化していても、ビジネス上で果たす役割は今後も重要なものに変わりありません。

Copyright© 名刺 All Rights Reserved.