仕事を取れる名刺の作成方法について

会社の経営者や営業職にとって名刺はとても大事な武器の1つですが、うまく活用し仕事に繋げている人は色んな工夫をしています。
白い紙に黒の印字で書かれた名刺はよく目にしますが、どれも同じで印象に残りにくく仕事に繋がることは少ないです。
その原因は、印象に残らないことや名前と顔が一致しない、顔を覚えていないなどが相手に渡すメリットがうまく機能していないことがあげられます。
1番大切なことは、いかに印象に残し、連絡してもらうかです。
それでは、どのような名刺が仕事をとることに繋がるかということについて詳しく解説していきます。
印象を残すためにも写真を入れて自分を売り込むことが大切です。
名前だけでは、どんな人だったか日が経てば忘れてしまいます。
笑顔の写真を添えるだけでもらった時の印象もだいぶ違ってきます。
また、名前と連絡先だけの余白が多いシンプルなものだともったいないので、自分がアピールしたい資格や会社のセールポイントを記入し充実した内容にし興味を持ってもらうようなものを作成することが大切です。
名刺は、自分の分身です。
自分を売り込むために工夫することで仕事に生かしていくことができます。

Copyright© 名刺 All Rights Reserved.